ニートのみなたま、こんばんにぃ~´ω`)ノ
日曜日という日が終わってしまいましたぁ。
みなたまはもう寝ているのでしょうかぁ


わたくし、3月になってからずっとずっとこの事を書きたかったのに
もう9日も過ぎてしまいました


禁煙1年


早いもので、タバコとお別れして1年が過ぎました。
注目すべきは、節約できた金額という項目です。
年間16万ものお金を燃やしていたのです。<恐ロシイナ。
私は440円のタバコを1日に1箱吸っていたので、この金額なのですが
1日2箱吸う人は年間32万ぐらいですか?
1日に4箱吸うっていう人がたまに居ますが…
ヤバイですね。1日4箱吸っている人は計算するのも嫌でしょう。((((;゚Д゚))))


禁煙をして、良かったと思える事の方が多いのですが
一番はやはり、金銭的な部分です。


そして今日もお部屋の掃除をしていて思ったのですが
壁とか、衣類とかにヤニが付かない。
どんなに換気扇の下で吸うようにしても壁を拭くと黄色いです。
白などの薄い色の服などはすぐに茶色くなります。



その他に禁煙して良かったと思える事


口、髪、体や着ている服がタバコ臭くない。
自分からタバコのニオイがしなくなった。


喫煙所や喫煙可能なお店を、必死に探さなくてよくなった事や
タバコの残りが少ない、買いに行かなきゃという不安も無くなって
ストレスが減りました。
タバコでストレスを発散していたつもりが、タバコを吸う為に
逆にこういった事でストレスになっていた事に気付きました。



肌がキレイになるとまでは言いませんが肌荒れしにくくなりました。
どんなに高い化粧水や美容液を使っていても
タバコを吸っているというだけで無意味だったという事に気付きました。


1本吸うのに5分ぐらいかかります。
1日20本なので、タバコの為に1日100分も使っていました。
この無駄な時間がなくなりました。


やめてマイナスな事って思いつかないのですが
あえて言うとしたら、体重が2~3キロ増えた事と
タバコのニオイが臭すぎると感じるようになった事でしょうか。



一度ニコチン中毒になった者は、一生タバコの事が忘れられないそうです。
これをニコチン脳と呼びます。
実際、タバコを吸いたいなぁ~と思う瞬間が今でもたまにあります。
ほとんど普段は忘れているのですが、何故かたまに思い出します。


こう書くと、禁煙ってやっぱ辛いんだと思われてしまいそうなのですが
禁断症状があるなどというのは都市伝説だし、禁煙はぜんぜん辛くありません。
飴とかガムとかフリスクとかの代用品も必要ありません。
ニコチンパッチやニコチンガムも必要ありません。
ただ、自分の中に住み着いているニコチン中毒の悪魔ちゃんが
たまに話しかけて来るのですが、それをうまく追い払えるかどうかの問題だけです。
ちなみにこの悪魔ちゃんは、めちゃくちゃチョロイので追い払うのはとても簡単です。
そして、この悪魔ちゃんの登場回数はどんどん減っています。


禁煙をする前のあの恐怖と不安はいったいなんだったんだろう。
ニコチンの洗脳って凄いです。
禁煙が難しいと思っているのは吸っている時だけでした。



この話が、今から禁煙しようと思っている
どこかの誰かのお役に立てばいいなぁ~と思います。





今日は早く寝るお。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ